オランダを訪問する5つの理由

オランダを訪問する5つの理由

オランダを訪問する5つの理由

 

同様にオランダとも呼ばれるオランダは、実際には活気に満ちたチューリップ地域、風車、そして巨大な魅力の将軍の国であり、それが実際にヨーロッパの主要な場所の1つである理由です。すぐ下には、実際にオランダに行くための5つのニーズがあります。

オランダを訪問する5つの理由

1.アムステルダム

オランダの都市部への資金提供は、実際には取引に向けて多大な貢献をしています。実際に北のヴェネツィアであるという信憑性をもたらした独自の歴史的チャネルとは別に、アムステルダムには素晴らしい建物がたくさんあります。これらは、オランダの皇室、ベヘインホフ、および旧教会、仏光山仏教の聖地、ポルトガルシナゴーグ、エルタウヒードなどの精神的建造物のために利用された王家の住居の中で、壮大な帝国王室の住居で構成されていますモスク。同様に、実際にはさまざまな公園や、フォンデル公園、ホータスボタニカス、バタフライストラクチャーなどの庭があり、ホームオブボルはミックスドリンクを飲む人に独自の専門知識を提供し、ハイネケン醸造所は国の発展を垣間見ることができますバックグラウンド。

アムステルダムは、デワレンと呼ばれる独自の赤みがかった照明エリアでも同様によく知られています。ここでは、セックスストアや劇場が豊富で売春が実際に合法であり、喫茶店ではさまざまな大麻アイテムが提供されています。

2.ギャラリー

ただし、アムステルダムの抵抗の一部は、実際には独自のギャラリー、特に独自の高級工芸品ギャラリーです。絶対的に最も有名なものの1つは、実際にはアムステルダム国立美術館です。アムステルダム国立美術館には、フェルメールやレンブラントなどのオランダの巨匠からの最も包括的なファインクラフトの編集物の1つがあります。レンブラントの仕事は、レンブラントホームギャラリーでも簡単に見つけることができます。トラックゴッホの絵の具はトラックゴッホギャラリーで見つけることができ、現代の工芸品の展示会はアムステルダム市立美術館で展示されます。

独自の素晴らしい工芸品ギャラリーは別として、アン・オネスト・ホームは実際には同様に著名な観光地であり、アン・ユダヤ人の迫害とオネストのライフスタイルに集中しています。 NEMO Scientific Research Gallery、Bijbels Gallery、Kattenkabinet、Amsterdam Dungeon、Ruby Galleryは、実際には同じように魅力的です。

3.風車

アムステルダムの荷物を手に入れたら、特に風車エリアで、田舎の魅力的でくつろげる環境の好みを得る機会があります。確かに、風車は実際にはオランダの兆候であるため、キンデルダイクにある11のグローブヘリテージが原因で国境を接する可能性を見逃すことはありません。確かに、実際には同様に11の風車がシェルマー地区に残されており、実際にはフライス盤のギャラリーに実際に覆われている風車で構成されています。また、ザーンセシャンやアールスメールでも、さらに多くの風車を見つけることができます。 。

オランダを訪問する5つの理由

4.花

オランダは実際には花、特にチューリップと同様に関連していますが、実際には水仙とヒヤシンスの電球領域があります。最高のチューリップ電球エリアは、リッセに近いキューケンホフ公園で発見でき、実際には世界最大の花畑や「ヨーロッパの庭」についても考えられています。地球上で最大の花市場は、実際にはオランダ、特にアールスメールの都市部で開催されていますが、アムステルダムの花市場は実際には世界で漂流している花市場です。花の祭典は実際には一年のさまざまな機会にさまざまな場所で開催されますが、世界最大の花の展示であるフロリアードは実際には10年ごとに開催されます。

5.購入

最後に、購入せずにオランダを後にしないでください。確かに、全国には確かにたくさんのショッピングセンターやスタイルショップがあります。特にアムステルダム、ユトレヒト、ハーグでは、夜12時まで店があり、大幅な割引料金が適用されます。 6月の最終木曜日。木の詰まり、デルフト陶器のセラミック、エダムやゴーダなどのチーズなど、従来の記念品も購入することを忘れないでください。